肌の若さと腸内環境の関係は?

肌と腸は密接に関係しているについて、ご存知でしょうか。
肌をすばらしくしたければ、腸内環境も改善する必要があるのです。
腸というのは、人間の全身でも健康の要になる臓器だ。
でも便秘したり下痢をしたりしたままだけ、注意が対しられる感じですね。
腸が断じて重要な位置におけるは、きちんと考えないかもしれません。

腸は第二の脳と言われてもある。
誠に、脳からの指令がなくても独立して勤めるのは、腸のみ。
心臓も脳からの指令を通して勤めるのに、だ。
しかも人体の7割にもなる免疫細胞は腸の中にあります。
こういう免疫細胞は腸の中に入ってきた細菌も撃退しますが、血液にのって全身に行渡り、ありとあらゆる病気から体を守ろうとしてくれているのです。

また、腸内には何百兆個という腸内細菌が存在しています。
こういう腸内細菌には善玉菌と悪玉菌があり、こういう悪玉菌が善玉菌を上回ると、体に悪影響を及ぼします。
ですが、善玉菌が優位でバランスのとれた腸内細菌の状態であると、美しい肌や若々しさのもとになってくれる。
つまり老けにくい体になるわけです。
理想的なバランスは善玉菌が2割、悪玉菌1割、残りの7割が日和見菌(状況により悪玉菌にも善玉菌にもなる菌)だと言われています。

悪玉菌が優位になると、便秘になります。
便秘になるとことごとく吹き出物ができたり、肌荒れが生じたりしますよね。
肌と同じに腸も汚くなっておる証拠なのです。
悪玉菌が優勢になって要るは、腸が老化しているについてなのです。

ではどうして腸を若返らせることができるのでしょうか。
それは食生活で差し換えることにより出来ます。
ほんとに、第一に発酵食品を加えるということです。
発酵食品は、ヨーグルト、納豆、チーズ等だ。
こういったものを毎日しっかり用いるようにしましょう。
そして、色々な野菜を思い切り入れるように決める。
野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、これが善玉菌を繰り返す役目を通してくれる。
サラダだと、野菜を手広くとれませんので、サラダだけで野菜を摂るより煮物やスープにしたりして摂ったほうが、どんどん食べることが出来ます。

また、水を思い切り呑むことにより便秘を解消できますから、水を小まめに飲み込む習慣をつけましょう。https://www.ladybirdbookcollector.co.uk/