プチプラあったかインナー

寒い時期に欠かせないアイテムの一つが防寒インナーだ。肌寒い季節には、発熱機能のある下着「あったかインナー」を着用するのが、最近では定番になってある。
あったかインナーといえはユニクロの「ヒートテック」が有名ですが、おんなじプチプラ商品の中でもさまざまな商品が揃ってあり、素材によって使い心地も異なります。安くて着心地のいい話題の防寒インナーをご紹介します。

2011年から登場したベルメゾンの「ホットコット」は、シリーズ累計792万枚を販売する大ヒット商品となりました。人気の理由は、数あるあったかインナーの中でも手ごろな値段だからという点だけではなく、化学繊維による製品が多いなかで、綿を95%使用している点があげられます。綿の特徴は、繊維の表面が超微細な螺旋だから肌触りが好ましいうえに温かく、水分を吸ったり吐いたりするのでムレがたく、もう一度静電気が起き難いことがあります。また、保湿性が良いので化学繊維のものより温かく感じ取る、という声もよく耳にします。

お手頃な価格で世代を問わず利用するほうが増えているしまむらでは「ファイバーヒート」というあったかインナーを販売しています。レディースでは、生地がしっとりしていて快適肌触りが特徴の「保湿やわらかインナー」と、厚みのある生地に裏起毛が付いて、暖かさと保湿力を備えた「裏地あったかインナー」の2つのタイプがあるので、自分の好きな着心地で選ぶことができます。どちらのインナーも伸縮性がしっかりしているので、体のラインによってフィットしてくれるのが特徴です。

イトーヨーカドー・セブンプレミアムの「ボディヒーター」は、温かいのはもちろんのこと、満員電車やオフィスなどムレを感じる時でもさらさらの着心地が特徴です。重ね着してももたつき難く、薄手なのに温かいから冬のおしゃれを存分に楽しめます。

イオン・トップバリューが展開する使い勝手インナー「ピースフィット」の取り分け「大層ふかふか」シリーズは、空気を思う存分含んだエアリー紡績糸でふっくら包み込まれるような着心地を実現したほか、着た瞬間からあたたかさを体感できる機能を備えてある。また、冬の重ね着でこもった湿気も吸収し拡散するほか、不快静電気も起き辛くなっています。参照サイト