お母さんに手作りケーキをプレゼントしよう!

やがてお母さんのお年、でも何をプレゼントしよう・・・。こう耐える方は、多いでしょう。そこでお年の定番、「手作りケーキ」をプレゼント心がけるのはいかがでしょうか。市販のケーキもいいですが、不格好でも、手作りという特別感が滅法相応しいものですよね。簡単にできる、おすすめ「手作りケーキ」の基本レシピをご紹介します。

「ケーキ」は土台となるスポンジケーキを焼けば、あとは生クリームやチョコレート、果物などお好きなものでデコレーションできて、たいして簡単にできます。スポンジケーキは普通、卵白と卵黄を分けて泡立てて使います。しかし今回は共立て(全卵の状態で泡立てること)もふかふかに望めるかんたんスポンジケーキのレシピを紹介します。
材料(内径15cm丸型)は、「無塩バター 10g」「卵 2個」「グラニュー糖 60g」「薄力粉 60g」「バニラエッセンス 少々」だ。
準備として、型にシートを敷きこんでおきます。オーブンは180℃に予熱しておきましょう。
初めに、ボウルに卵とグラニュー糖をいれて、湯煎にかけてグラニュー糖と溶かしながら泡だて器で泡立てます。グラニュー糖が溶けたら湯煎から外して、生地が白っぽくなり、上から垂らしたときに10秒程度跡が余るくらいになるまで必ず泡立てていきます。ここに薄力粉を振るい入れて、ゴムベラでさっくりと合わせます。この時、ゴムベラで生地を下からすくいあげたり、生地を下回るように混ぜるとさっくり混ぜることができます。取り混ぜすぎると泡がつぶれて膨らまなくなってしまうので注意が必要です。二度と、バニラエッセンスと湯煎で溶かしたバターを付け加え、ゴムベラで同じように混ぜていきます。出来上がった生地を型に流し入れて、2、3回弱く無くし空気を抜きます。その後、180℃に予熱したオーブンで25分焼きます。最後に焼きあがったら、竹串を指して生地がついてこなければ完成だ。熱いうちに型から外して冷やしましょう。オーブンによって温度差があるので、焼き時間は25分を目安に調節して下さい。

完成したスポンジケーキをお好きなアイテムを通じてデコレーション下さい。世界に一つだけの、素敵な「手作りケーキ」が完成だ。参照サイト